国際沖縄剛柔流空手道連盟
IOGKF
     
     
     
        国際沖縄剛柔流空手道連盟
        International Okinawa Goju-ryu Karate-do Federation
     
     
                IOGKF会長 
            東恩納 盛男 主席師範(範士十段)

     
     
     

 

 ■ 由来
 剛柔流以前は那覇手(ナーファーデー)と呼称され、那覇手を代表する武術家が東恩納寛量でその高弟が宮城長順である。
 沖縄剛柔流は宮城長順(1888〜1953)を流祖とする沖縄を代表する流派のひとつである。
 

                        
                       東恩納 寛量先生           宮城 長順先生           ) 

 剛柔流は旧琉球王朝の清国往還船舶頭であった東恩納親雲上寛用の四男東恩納寛量(1853〜1915)が1867年
 (慶応三年)二月琉球王府の承認を得て私費留学生として福建省福州に渡り、福州学舎での三年間の勉学期間を含め
 十五年同地に留まって南派小林拳の達人リュウリュウコウ師より朝夕厳しい指導を受け、奥伝の技法を習得し、帰国後
 にその技法を琉球古伝の「手」と整合せしめて沖縄独特の技法体系を確立したときに始まったものである。

 ■ 系譜
  リュウリュウコウ
      ↓
  東恩納 寛量
      ↓
  宮城 長順
      ↓
  宮城 安一
      ↓
  東恩納 盛男

 ■ 流儀の特徴
  沖縄剛柔流は剛柔呑吐といい、攻防の技はすべて呼吸法で極まり、その呼吸法の鍛錬型は剛の「三戦」と柔の「転掌」
  という基本型があります。 その三戦と転掌で徹底的に呼吸法を練り、呼吸と共に心身を鍛えるものである。体力のない人
  には伝統器具をもって体力作りを行い、攻防の 技と強靭な精神と体力を向上させる為に型の練習を徹底的に反復練習し
  そして武道的気魄と人格を完成させるのが目的である。

 ■ 伝統器具
  鎚 石(チーシー)・・・手首、腕力、肩を強化します。
  握 甕(ニギリガメ)・・・五本の指を鍛え、さらに腕力を強化します。
  巻 藁(マキワラ)・・・突き・打ち・蹴りの力を一層強化します。
  石 錠(サーシー)・・・手首・腕を強化します。
  金剛圏(コンゴウケン)・・・五体を強くし、特に円の動きの技を一層強化します。 

 ■ 活動状況
  現在、沖縄と東京を中心に全国的に普及するよう各地区で合宿を行い、指導員の養成と普及発展に努めている。また、
  世界六十数カ国に支部を置き、 世界に普及発展するよう指導者派遣を行っています。
  毎年、ヨーロッパ・ロシア・オセアニア・南北アメリカで合宿を行い、世界大会をも四年毎に実施して世界の人々との技術
  稽古を通して友好に努 めています。 また、平成八年から日本古武道協会主催の厳島神社奉納演武古武道大会にも参
  加 しています。

  沖縄本部 東恩納道場  
     〒900-0013  沖縄県那覇市牧志3−22−42

                Phone/Fax 098-863-8252